物流における倉庫の重要性を知り業務に活かそう!

物流における倉庫の重要性を知り業務に活かそう!


どこも同じではなくそれぞれに適した所があります

企業はもちろん、個人でもECサイトを立ち上げて全国各地に商品等を販売する事が当たり前になった今、物流等に使う倉庫の重要性は高まりつつあります。この倉庫選びがビジネス成功のカギと言っても過言ではなく、今までよりもきちんと調べて倉庫選びをするという企業も増加傾向にあります。そんな倉庫選びの際には、タイプやサービス内容等を知る必要があると言えるでしょう。倉庫には一般的な物流倉庫、温度・湿度管理が徹底されている定温倉庫や、防塵性等に優れたトランクルームタイプ等があります。サービス内容にも色々あり、検品や入出庫等はもちろん、最近はラベル貼りから梱包、発送の代行等ワンストップで済む倉庫が人気を集めています。自社のニーズに応じ、どこまでの業務を請け負ってくれるかという点を見て倉庫選びをしましょう。

業界もどんどん進化を続けています

そんな倉庫業界ですが、数多の企業のニーズに応えるために年々進化を続けています。特に最近顕著なのが、先述のような物流業務全てをワンストップで行える倉庫サービスの台頭です。これは企業からのコスト削減の要望と同時に、在庫管理や配送でのミスを減らしたいという要望にも応えている形になります。近年の重要課題ともされるクレーム対応を極力少なくするためにこれは重要で、一挙両得を目指す企業に重宝されています。また、海外拠点との取引を行えるタイプの倉庫サービスも急成長を遂げているようです。大企業はもちろん、中小零細企業まで海外進出が盛んになる今、海外との取引業務がスムーズに行える倉庫サービスは欠かせないものとなっています。

3PLとは物流の業務を外部に委託する業務形態を指します。企業にとってはコスト削減や物流効率の向上化などといった効果が期待できます。