オール電化なら太陽光発電?メリットとデメリットを知ろう!

オール電化なら太陽光発電?メリットとデメリットを知ろう!


オール電化で太陽光発電をするメリット

オール電化の住宅では太陽光発電を入れると良いということがよく言われていますが、メリットにはどのようなものがあるのでしょうか。オール電化の場合にはガスを使わずに色々な住宅設備を全て電気でまかなう仕組みになっています。太陽光発電を使うと発電した電気を使って住宅設備を動かせるようになるのでランニングコストが下がるのがメリットです。また、停電になってしまったときにも太陽さえ出ていれば少し住宅設備を使うことができます。ガスと併用でない場合には停電になるとお湯も沸かせず、調理もできないという問題が生じますが、太陽光発電をしていれば安心です。災害対策という観点でもオール電化なら太陽光発電を入れるのが魅力的なのです。

太陽光発電をするデメリット

太陽光発電をするデメリットは大まかに分けると二つあります。一つは初期コストが大きいことで、地域からの補助金を利用したとしてもかなり費用がかかることは否めません。導入を終えてからも定期的にメンテナンスコストがかかるため、電気代を節約できても経済的なメリットは実はあまり大きくないというのが一般的です。もう一つのデメリットは太陽光発電をするときにパネルの設置場所が必要になることです。屋根の上に載せるのがよくあるパターンですが、その重さによって住宅の老朽化が進みやすくなることもあります、ベランダに設置するとベランダの使い勝手が悪くなるでしょう。このような設置に伴うデメリットも考えて導入を検討しましょう。

太陽光発電の価格は、設置価格も売電価格も年々下降傾向にあります。売電価格の下がり方と比べて設置価格の下がり方が大きいため、費用対効果は高くなってきています。